ヴォクシーの装備とメカニズム

人気のミニバン3車を徹底比較!

今一番人気のミニバン、「ヴォクシー」、ライバル車の「セレナ」、「ステップワゴン」。一番優れた機能を備えるミニバンはどれなのか!?ミニバン購入を検討している方の参考に。

3列目はレバー操作で跳ね上がり使いやすいヴォクシー

ヴォクシー運転席


ヴォクシーの機能では、レバー操作だけで格納される3列目のシートが便利。先代型も採用していましたが、今でもライバル2車に差を付けています。他のシートアレンジは絞り込んでいますね。

先代型は2列目を回転させて3列目と向き合わせる機能を選べたが使う機能が少なく、新型では採用していません。

その他の装備では、ノーマルエンジンのX・Cパッケージを除いてLEDヘッドランプとクリアランスランプを標準装備しています。スライドドアの電動機能は、X・Cパッケージ以外はいだり側に標準装備され、右側はオプション設定になっています。

安全装備では、横滑り防止装置は全車に標準装備され、再度&カーテンエアバッグはオプション設定としています。

装備周り特徴4点
1. 3列目のシートはレバー操作によって格納できる。2列目も座面を持ち上げて前に寄せるなど、荷室には多彩な機能を設けた。

2. インパネの下側が張り出し、シフトレバーとエアコンスイッチがある。

3. 荷室の後端には十分な深さのある収納ボックスあり。

4. インパネの上部には各種の情報を表示するディスプレイが備わる。


ハイブリッド専用装備


ノーマルエンジンのミッションは無断変速のCVTですが、ハイブリッドは仕組みが異なり、シフトレバーの形状も違います。7連の擬似変速機能はありません。

メーターにはハイブリッドのインジゲーターが備わり、モーター駆動のみで走るEVドライブモードも設定。高速音性ガラスなどの専用装備もあり。


ミニバンを安く買うなら下取りを徹底有効活用!

人気のミニバン3車を限界まで安く買うためには、車両本体の値引きはもとより、下取り車の有効活用がもっとも効果的。インターネットの査定サイトを使って愛車を限界まで高く売ることができるので、値引き交渉前には必ず行っておきたい無料サービスです。
>>下取り査定攻略の詳細にすすむ